ほぼ日手帳の使い方2018版

今年からほぼ日手帳の使い方を大きく変えてみたので、メモがてら書いてみます。
使っているのはほぼ日手帳のカズンです。理由はA5リフィルが貼れるからです。あとジッパーズにすれば、創作関連のプロットやメモなど一緒にしまえるかなと思ったので。
Image 20180330 203258
ジッパーズを使いたくて、あとこの素敵な花柄のカバーに惹かれて買いました。
Image 20180330 203316
細かいところまで素敵…!
置き手帳、創作と日常用って感じで使っています。仕事はまた別にマンスリーを使っています。3月終わりなので新しいのを買いたいところ。ですが仕事が終わらない!
Image 20180330 203518
挟めるところには、書いてるもののプロットとか挟んだりしてます。
あと、みれば元気になる推しのポスカとかクリアファイルとか

年間のインデックス部分はこんな感じ。
Image 20180330 203344
500字を1マスとして、その日に何字書いたか記録してみました。〆切前の頑張りとか、分かりやすいですね…。

マンスリー部分はこんな感じ。
Image 20180330 203401
あんまり活用できてない感じも。予定を記入してます。プライベートな予定とか、イベントとか、公募(あくまでもすべて挑戦するわけではないです)とか、印刷所の〆切とか、です。
普段は見ないかな?

ウィークリー部分はこんな感じ。
Image 20180330 203416
一番使ってます。イベント参加を決めるとマルチタスクになるので、バーチカルの部分を横に使って、今週やろうとしてること、やりたいことを一覧に書き、その横にその日にやった進捗、メモを書いて、次の日へつないでいきます。上の部分はその日にあったことメモとか、体調とか。
結果としてすべて出来ないときが多いのですが、忘れないということを前提にしてるのでまあいいかなぁと。

毎日のページはこんな感じ。
Image 20180330 203442
書き終わったプロットを貼っています。プロットはA5のルーズリーフに書いていて、終わったら保管してるのですが、最近保管場所に悩んできたので…
やりきった感じがあって楽しい( ´ ▽ ` )
また別の使い方もできたらいいなぁと思いつつ。

Image 20180330 203458
ちなみに100リストは癒しリストを書いてます。疲れたときにぱっと開くと、何をすれば体力気力が回復するっていうのがわかるのが便利。

ほぼ日手帳は用紙がトモエリバーなので、薄くても万年筆が裏抜けせず、とても便利です。
ただ、ボールペンとかだと筆圧で裏にうつるので、下敷きがあると便利だと思います。

今のところ便利に使えているので、このまま年末までいけるといいなあと思ってます。





スポンサーサイト

第2回文学フリマ前橋、お疲れさまでした。

第2回文フリ前橋、お疲れさまでした。
お立ち寄り頂いた皆さま、本をお手にとって頂いた皆さま、ありがとうございます!
少しでもお楽しみいただければ幸いです…!
レポになるかあやしげな覚え書きのようなまとめでも。

前日まで

文フリ前橋は、去年も開催されるのは知ってましたが、サークルも一般参加もできなかったんですよね…今年も気がついた時には申し込み期間は過ぎていたのですが、二次募集があると聞きまして、滑り込みました。
前橋は実は(?)遠くもなく近くもなく…といった感じなので、ふら〜と力を抜いていけて良かったかもしれないです。(そのせいで色々なことがドタバタになったのですが)
新刊を出すぞ~と決めたのは冬ティア後だったのかな~、5月ティア、文フリ東京で新刊を出すのが難しいなぁと思っていたところで、何かしら新しいものを持って行くならここしかない!!といった感じであります。
ついったでも呟いていたのですが、
今回の進行は2/12~2/16がプロット期間で2/17~3/11が執筆期間で3/12~3/19までが表紙と校正、編集期間。
予定としてはもう1週間早い進行だったのですが、文字通りギリギリです。だって3/21に舞台のチケットを取っていたし。
ギリギリすぎて様々なものに弊害が…でも今年の目標のひとつに、きちんと睡眠を取る!!!っていうのがあったので、そこは死守した!!…………はず…………(小声)
とりあえず、

元々のネタは決まっているし、ボリュームは少なめですが、1ヶ月あれば本は!生える!
みたいです。

ということを主張してみます。
まあ私は筆はそんなに早くないので……アレですけど……あと印刷所さんがギリギリ進行でも大丈夫なプランを出してくれたからこそできたプランというか。
ええ……(小声になりながらフェードアウト)
あとあれ、皆思ってたと思うんですけど、参加案内書が届くのがギリギリになったのが少し気になったといいますか…いやギリギリになるのは構わないんですけど、それならお知らせが欲しいかな~みたいな…それかwebデータとかでもいいので…ほら荷物の準備とかあるし…(結局送れなかったけど)遠征の人は困るよね…

当日
当日は特段書くネタもない感じですね。普通です。
さっくり到着して、さっくり準備完了。
あ、休日の前橋、人少なっ!ってなってた。
今回はこんな感じ。
63E6BF71-AC27-4816-AEC1-AF7EDB437643.jpg


いつも通りですね。そろそろポスターが手狭になってきたので、今度はPO.SU.TAを買う。今週買いたい。

会場は1階で広く、さらに誰でも入りやすい感じで良かったです。会場調べていて気がついたのですが、ここのこども図書館は日本最大級(12万冊)の冊数らしいですね! フロアまるまるこども図書館ですよ。すごくないですか。

開場は代表の方のお琴の演奏と共に。最初誰か呼んでるのかな〜すごいな〜と思ってたら、代表自ら弾かれるとは!
前回もそうだったみたいですね(そういえば、そんな呟きを見た気がする)

開場後、しばらくしたら買い物にいきます。
久しぶりの文フリだわーあわわわわ(伝われ、この感じ)あわわわわわってなりながら買い物をして、戦利品を読んでました。いつもだ。なんか皆さん商品説明がうまいですなあ。自分はその辺がポンコツなので、全部書いてるんですけど、やっぱ説明できたほうがいいのかなあとか。
文フリだともっと声かけとかしたほうが良いのかなあとで考えてしまったのですが(無愛想で申し訳ない)、何せ自分が立ち読みしているときに声をかけられると挙動不審になって困るタイプなので、ここは好き嫌いがわかれそうですね。
ちなみに今回の戦利品はミステリ多めです。ゆっくり会場まわれて楽しかった~

下のスーパーでのほうれんそう1束100円のアナウンスに迷う。買って帰れば良かった。
少し早めに撤収したのですが、撤収作業中に前橋市長らしき人が会場内を歩いているのを見てびっくりする。

新刊は帯を作りながらちょっとどう宣伝するべきか悩んでしまったので、これは宣伝についてテコ入れする必要があるかもしれません。
新刊はboothに登録しています。今後カバーみたいなトレペ帯を作る予定です。それが完成するまでは帯なしになりますので、帯とは特にいいや~という方はご検討いただければと思います。

次は5月ティアです。
それでは、改めまして、ありがとうございました!

第二回文学フリマ前橋参加します~

3/25、文学フリマ前橋に参加します〜
今回の最大の目標はここで新刊を出すってところなので、ちょっと色々ギリギリになってしまいましたが、なんとか発行できそうです。これで春は乗り切るぜ!
いや〜ちょっとギリギリすぎて荷物も送れなかったしお品書きもこれから作るしなドタバタ裏側具合。まあイベント自体もドタバタしてるっぽいので結果オーライ!(オーライではない)
という訳で、恒例の頒布物に対して語ります。

webカタログはこちら
お品書きはこちら


新刊
*モラトリアム・タイムスリップ

webカタログはこちら
ツイートまとめはこちら

何度も、モラトリアムとモラトリアルを間違えています。いかん。
今回は、一度書いてみたかったお話です。
何がというと。
私、大学で建築を勉強してたんですよ。色々なことがあったけど、そしてそれがものになったかというとううううんって感じですけど、まあ楽しかったです。
というか建築を勉強して、自分が本当に作りたいものに気がつくことができたので、その点では感謝しています。あと創作に対する体力とか考え方とか根性とかは全部ここで学びました。
……それで。
小説を書いてて、ふと、ある日気がついたんですね。
私は建築学科で学ぶ学生たちの話を書いたことがないことに……
あとがきにも書いたんですけど、もしかしたら距離が近すぎたから書けなかったのかもしれないです。美化できないあれやこれやあるじゃないですか。
もしかしたら今なら書けるんじゃないか。良い具合に距離があり、そして記憶もある今なら。
本を生やそう!!!
というところから、このお話は生まれました。とは言っても、お話のテーマとしては、ものづくりに関わるものなら誰しもが悩む才能のお話です。あとタイムスリップは昭和初期が書きたかったので。そこまで深い描写はできなかったのですが、
春へのあと一歩のお話。シリアス6割コメディ4割のゆるいお話です。
よろしければ春へのお供にいかがでしょうか。


*赤錆びた桜

Webカタログはこちら
ツイートまとめはこちら
詳細立ち読みはこちら
Happy Readingさんはこちら

桜という訳でこちらも春のお話なので、プッシュプッシュしてみます。
とは言いましても、新刊のモラトリアム・タイムスリップよりかはぐっとシリアスめいたお話です。
そして毎度のことですが、短いなかにも自分らしさがぐっと詰まったお話になっているはず…!
現代に生きる吸血鬼たちの、生死をめぐるシリアスなお話。自分がそれをしなければならないとき、どうするのか、という葛藤メインに描いています
春の一日のおともによろしくお願いします!!

*休日は秘密の宴でわらいましょう

Webカタログはこちら
ツイートまとめはこちら
詳細立ち読みはこちら
Happy Readingさんはこちら

2月に出したばかりの本です。
上の2作とはうって変わってコメディ8割、シリアス2割の作品。舞台も中世ヨーロッパを意識した異世界ファンタジーとなっております。
領主たちが酒場でぐだぐだ飲み会する話とか面白いんじゃない…いかに酒場にいくために頑張るコメディとか面白いよね…から始まったお話。酒場でぐだぐだする領主のひとり、ジーノをめぐる、空回りコメディとなっています。
楽しく読める一作です。よろしくお願いします。


という訳で、当日は何事も無ければ、いるはず…!
お買い物が楽しみだぞ〜
よろしくお願いします。

COMITA123お疲れさまでした。

コミティアお疲れさまでした!
お立ち寄り頂いた皆さま、本をお手に取って頂いた皆さま、ありがとうございました。
少しでもお楽しみいただけるといいなぁと思いつつ。
通販をboothにて開始しております。もしよろしければ、ご利用ください。あんしんBoothパックでのお届けです。
「受け継ぐものたち」は完売いたしました。ありがとうございます!

前日まで
ちまちま用意してたので大変なことはなかった…と思ったのですが、そう、プリンター(インクジェットのカラー)壊れました\(^o^)/
そのため、無配を急遽印刷所に頼むという…おかげで綺麗な無配ができましたよ…!
あと差し入れのおやつを用意してたんですが、「これ食べにくいからやめたほうが良いんじゃない」と言われまして…あとおいしくて…前日までに私のおなかに…今度ちゃんとしたの買ってきます…頂いてばっかりで本当にすみませんでした…ありがとうございます。

当日

今回から主な荷物を宅搬することに決め、新刊とかは直搬してもらったので、わりとのんびりめに準備などなど
…と思っていたら、まさかの当日にポスタースタンドのネジがなくなってる事件が\(^o^)/
ガムテでどうにかできる形状のでよかったです…(もうひとつ持ってるんですけど、そっちは難しいんですよね…)
あとまたなんかぎっくり腰的なものが復活しまして…曲げると痛いという悲しみが…曲げなければ平気なんですけど…これぎっくり腰じゃないのかもしれない。
という訳で、設営完了。
ファイル 2018-02-12 15 29 29
いつもどおりですね。あっポスターは作るのが面倒だったのでお品書きとほぼ同じです。これ楽だわ。
開場から少ししてソワソワする身体に負けて、買い物にいきます。
すぐ後ろのイラストの人が大変なことになってて、横断をあきらめつつ下にいったり…1階→4階なんで想像以上につらいですね。
見本誌コーナーは上と下で分けて欲しかったなぁ(難しいとは思いつつ)
あとは席で戦利品を堪能してました。
途中で某企画のWAIROを頂いたり(きのこ派です)(参加!しますとも!ちょうたのしみ!)
まったりお話したり…腰が爆発しそうだったんで、端っこの席で本当にありがたかったです…
腰が爆発しそう以下略になりながら宅配搬出したり。
あとティア行くと絵も練習したくなりますね〜とか思ったり。表現方法を増やしたいなあと今更ながら思うこの頃です。

あっそうだ、今回pixiv payで販売管理してみたんですけど、これ便利ですね。いつ販売したのとかもわかる。ただ時々押し忘れてそうな予感があるという…。

という訳で、改めまして、ありがとうございました。
次は3/25の文フリ前橋の予定です。現代ファンタジーの薄い本を作れたら良いなあと思いつつ〆切がヤバイ今日この頃です。
よろしくお願いします~

COMITIA123参加します

というわけで。ついに戻ってきてしまいました……。
2/11のCOMITIA123に参加します。サークル名は「秋水」、スペースは「と50a」です。
もって行く作品についてのつらつら語りをしようと思います。

ピクシブのお品書きはこちらからどうぞ~
サイトに掲載している発行物一覧ページはこちらです
今回から個人誌のみの頒布とさせていただきます。

*休日は秘密の宴でわらいましょう(新刊)
新刊です。中世ヨーロッパをベースにした異世界ファンタジーです。
「酒場で王様がぐだぐだするだけの話とかおもしろいな〜」ってのがはじまりで、この着想どおりコメディとなってます。
コメディをちゃんと書くのは初めてで、ドキドキしてますよ〜。一度は書いてみたいなぁと思ってたけど、実際書いてみるとめちゃくちゃ楽しかったです(読んで笑えるとかはわからない!)
でもシリアス書きがひょっこり顔を出してしまったので、根元にはシリアスさも残ってたりします。

表紙はフルカラー+ゴールド印刷なんです。


スターブックスさんで、オンデマでも金インク印刷ができると知って、飛びつきました。
すごい!豪華!ちなみにインクの下の色は抜いて版を作っています。抜かないと下の色が出るみたい。

難しいこと考えずに気楽に楽しめる1冊になっている…はず!
よろしくお願いします!

このお話のツイートをまとめたモーメントはこちらから見られます。
お試しよみなどはこちらから
Happy Readingさんはこちらから

*赤錆びた桜

当サークルでは今まで発行したなかでも一番短いお話ですね。
そのとき、企画をやりながら何とか新刊をひねり出す…!という気持ちで書いた気がします。その結果、好きなもの詰め合わせみたいな話になりました。
春になると桜の話を書きたくなるので、桜も絡んでます。がこの殺伐さ!最高!
シリアスな現代ものです。吸血鬼とかのファンタジー要素もあります。
当サークルの傾向づかみにおすすめしたい一冊です。
年内に続編を出せるといいなぁ。って書いたあとに短い続編をカクヨムさんに公開したことを思い出しました!

このお話のツイートをまとめたモーメントはこちらから見られます。
お試しよみなどはこちらから
Happy Readingさんのお試しよみはこちらからどうぞ~

*受け継ぐものたち

残部僅少ですとか書いてますが、残部…1冊になってしまいました…(いつのまに…)
はじめてカバーを付けてみた本です
カバーはオフセットで印刷しているのて、発色などきれいです。マットPPなのでさわり心地も良いですよ〜

お話はシリアス、少し切なめの現代ものです。妖要素がありますが、基本は心の触れ合いをベースに書いています。
初稿は25歳のときに書きました。その後改訂しての発行です。
25歳というある意味節目の年を迎えて、今の自分にしか書けないお話を書こう、そういう想いでプロットを切っています。
受け取ったバトンをもって、自分はどうしたら良いのだろう。受け継ぐことの難しさ、覚悟。
節目の彼らの想いが伝わる一冊になっていれば良いなと思います。

特設ページはこちらからどうぞ。
キャラクター紹介なども少し載っています。
お試し読みなどはこちらから
Happy Readingさんのお試しよみはこちらからどうぞ。

通販は、イベント後boothさんにて行う予定です。過去作の電子書籍化も行う予定ですので、よろしければご覧ください。
現在、電子書籍のサンプル版をboothさんに置いています。お試し読みもできますので、よろしければどうぞ~

当日は、インフルとかにならない限り、参加できる…はずです。
久しぶりの参加にそわそわしつつ、お買い物ができることを楽しみにしています…!
どうぞよろしくお願いします。